行田天然温泉の効能

美人の湯効能説明

温泉データ

源泉名 行田天然温泉古代蓮物語
湧出地 埼玉県行田市
向町272−1(地番)
泉質 単純温泉
(弱アルカリ性低張 性低温泉)
温泉泉温 31.7℃
温泉湧出量 293ℓ/分(許可量)
水素イオン
濃度
PH7.5
◆上記は湧出量における試験結果です。
 〔平成24年度5月15日〕

天然ナトリウム塩化物強塩温泉(弱アルカリ性高張性温泉)

天然温泉古代蓮物語は約1,000〜2,000万年前に生成された三浦層群と言われる地層から湧出しています。この温泉成分は炭酸水素イオン、ナトリウムイオン、塩素イオンです。
これらの溶存物質の総量が1,000mg/kg以上であれば純重曹泉に分類されますが、わずかに不足していたために単純泉という分類となりました。なお重曹泉は角質層を軟化させ皮膚や分泌物を乳化させる作用があり、素肌がとてもきれいになります。このことから「美人の湯」とも呼ばれています。
遙かなる眠りから目覚めた美しい花、古代蓮のロマンに想いを馳せながら古代蓮物語でごゆっくりとくつろぎのひと時をお楽しみください。

浴用の適応性 関節リウマチ・変形性関節症・腰痛症・神経症・五十肩・打撲・運動麻痺における筋肉のこわばり・冷え性・末梢循環障害・胃腸機能の低下・軽症高血圧・糖尿病・軽い高コレステロール血症・軽い喘息又は肺気腫・痔の痛み・自律神経不安定症・睡眠障害・うつ状態・病後回復期・疲労回復・健康増進
入浴の禁忌症

急性疾患(特に熱のある方)・活動性結核・悪性腫瘍・重い心臓病・呼吸不全
腎不全・出血性疾患・高度の貧血・その他一般病状進行中の疾患

 

[加水に関して]加水はしていません。 
[加温に関して]入浴に適した温度に保つ為加温しています。
[循環・ろ過に関して]温泉資源の保護と衛生管理のため、循環・ろ過を行います。(循環・ろ過装置使用)

[消毒に関して]衛生管理のため、塩素系薬剤を使用しています。